052-485-7877

〒453-0811 名古屋市中村区太閤通5-33

TAIKOH Neurosurgical Clinic English Page click here
メールでのお問い合わせ

名古屋市 脳神経外科 中村区|太閤クリニック 地下鉄桜通線 中村区役所駅 整形外科 リハビリテーション科 内科 椎間板ヘルニア PLDD 頭痛 めまい

脳神経外科

メディア情報
携帯サイト 当院の携帯サイトです。外出時などにご活用下さい。
太閤クリニック 院長ブログ
facebook やっています
頭痛日記 ダウンロードはこちら
看護師・看護助手・リハビリ助手・医療事務員 急募!!
労災指定 (労災保険指定診療所)

脳神経外科について

日本では脳神経外科医を略して脳外科医という呼び方が定着しています。
脳神経外科はアメリカで生まれた学問で原語では我々のことはneurosurgeon
(神経外科医)と呼ばれます。この言葉が輸入されたときに誰が「脳」を冠に付けちゃったんでしょうかね?

我々が脳外科医と世間に認識されることが非常に大きな問題であると私は考えています。最近よくテレビでも「神の手」がどうの…ってやってますよね。
実際日本では手術数で言うと脳疾患が大きな病院でも一般的に8割以上です。本家アメリカでは手術数は脳疾患と脊髄疾患・末梢神経疾患が半々です。またいわいる脳外科医の中では脊髄疾患・末梢神経疾患はみない先生方が半分以上いらっしゃると思います。

私はアメリカで一時訓練を受けたので体中に張り巡らされた神経を全て診断し治療できるように作られました。ですから敢えて自分のことは「神経外科医」と認識しています。強いて診療科として記載するなら「神経外科」か「脳・神経外科」でしょうな。

ちなみに右の写真は当院の診察室の壁に取り付けてある中枢神経の図です。永久保存版です。日頃の診療にこれを指し示してご説明するのでわかりやすいだろうと思います。

ページトップへ戻る

脳神経外科

脳神経外科では、脳血管障害(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など)、頭部外傷、脳腫瘍、脊椎・脊髄の疾患、中枢神経系の感染(髄膜炎、脳膿傷など)、水頭症、機能的疾患(頭痛、片側顔面攣縮、三叉神経痛、片側顔面麻痺など)などさまざまな疾患が診療の対象となります(純粋な精神科的疾患は含まれません)。

当院では、脳神経外科専門医による診療があります。
具体的な症状で言いますと、

  • 最近、なんとなく箸を持ったり字を書いたりするのが下手になってきて…
  • このあいだ片方の手足が急に重くなったけど、すぐに治ったので様子みてたんだけど…
  • ろれつが回らなかったり飲み込みが下手になってむせてばかりいる…
  • 頭が痛くて…
  • 目の上の額や、顔が発作的に痛くなるんだけど…
  • まぶたや顔の片側がぴくぴく動いてうっとおしいんだけど…
  • いつのまにか顔の片側がだらんとして目や口が閉じられなくなってきた…
  • 最近よく物忘れするので心配で…
  • 一月前に頭を打ってから、最近何だかぼけてきちゃって。歩くのもおぼつかないし…
  • 最近左側がよく見えてないみたいで、物や人にぶつかってばかりいる…
  • 服の着方がわからなくなったみたい…
  • 今まで普通に使っていた道具の使い方がわからなくなったみたいで…
  • 今まで○△病院で診てもらってたけどちょっと遠くて、ここのほうが近いから…などなど

ご本人、あるいはご家族の方で上記のような症状がございましたら、是非受診されることをお勧め致します。
そのほか、脳や脊髄からきているのではないかとご心配な症状がありましたら、お気軽に受診して下さい。
お話を伺い、神経学的な診察をさせて頂き、必要があればMRI,頚動脈エコー等の検査を予約し、その結果を元に治療させて頂きます。
手術などが必要と判断された時にはご紹介もさせて頂きます。
なお、急性の脳梗塞・脳出血や、くも膜下出血などは出来るだけ早く入院し治療を開始する必要性がありますので、突然手足が麻痺したり、突発的で激しい頭痛などにみまわれた方は、迷わず救急車を呼んで専門医療の出来る病院に搬送してもらって下さい。その後、状態が安定し退院されたあかつきには、ご希望があれば喜んで当院で診療させて頂きます。

PAGE TOP