052-485-7877

〒453-0811 名古屋市中村区太閤通5-33

TAIKOH Neurosurgical Clinic English Page click here
メールでのお問い合わせ

名古屋市 脳神経外科 中村区|太閤クリニック 地下鉄桜通線 中村区役所駅 整形外科 リハビリテーション科 内科 椎間板ヘルニア PLDD 頭痛 めまい

診療案内

メディア情報
携帯サイト 当院の携帯サイトです。外出時などにご活用下さい。
太閤クリニック 院長ブログ
facebook やっています
頭痛日記 ダウンロードはこちら
看護師・看護助手・リハビリ助手・医療事務員 急募!!
労災指定 (労災保険指定診療所)

脳神経外科

脳神経外科では、脳血管障害(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など)いわゆる脳卒中ですね、頭部外傷、脳腫瘍、脊椎・脊髄の疾患、中枢神経系の感染(髄膜炎、脳膿傷など)、水頭症、機能的疾患(頭痛、片側顔面攣縮、三叉神経痛、片側顔面麻痺など)などさまざまな疾患が診療の対象となります(純粋な精神科的疾患は含まれません)。脊椎症や頚部・腰部椎間板ヘルニアも治療していきます。また一般的には耳慣れない末梢神経疾患(手根管症候群、胸郭出口症候群、肘管症候群等)も診断、治療していきます。これらができるのは私が脳神経外科専門医だからです。

具体的な症状で言いますと、

  • 最近、なんとなく箸を持ったり字を書いたりするのが下手になってきて…
  • このあいだ片方の手足が急に重くなったけど、すぐに治ったので様子みてたんだけど…
  • ろれつが回らなかったり飲み込みが下手になってむせてばかりいる…
  • 頭が痛くて…
  • 目の上の額や、顔が発作的に痛くなるんだけど…
  • まぶたや顔の片側がぴくぴく動いてうっとおしいんだけど…
  • いつのまにか顔の片側がだらんとして目や口が閉じられなくなってきた…
  • 最近よく物忘れするので心配で…
  • 一月前に頭を打ってから、最近何だかぼけてきちゃって。歩くのもおぼつかないし…
  • 最近左側がよく見えてないみたいで、物や人にぶつかってばかりいる…
  • 服の着方がわからなくなったみたい…
  • 今まで普通に使っていた道具の使い方がわからなくなったみたいで…
  • 何かここが痺れて気になるんだけど…
  • ここにうまく力が入らない…
  • 今まで○△病院で診てもらってたけどちょっと遠くて、ここのほうが近いから…

などなど

ご本人、あるいはご家族の方で上記のような症状がございましたら、是非受診されることをお勧め致します。そのほか、脳や脊髄からきているのではないかとご心配な症状がありましたら、お気軽に受診して下さい。お話を伺い、神経学的な診察をさせて頂き、CTは必要があれば即日施行可能です。CTは当院にございます。その他必要があればMRI,頚動脈エコー等の検査を予約し、その結果を元に治療させて頂きます。手術などが必要と判断された時にはご紹介もさせて頂きます。なお、急性の脳梗塞・脳出血や、くも膜下出血などは出来るだけ早く入院し治療を開始する必要性がありますので、突然手足が麻痺したり、突発的で激しい頭痛などにみまわれた方は、迷わず救急車を呼んで専門医療の出来る病院に搬送してもらって下さい。もちろん当院に救急車でいらしても診断は確実に可能です。
その後入院可能なしかるべき病院をご紹介致します。その後、状態が安定し退院されたあかつきには、ご希望があれば喜んで当院で診療させて頂きます。

脳神経外科について詳しく知りたい方はこちら >>

ページトップへ戻る

外科

外傷の治療を中心に、患者さんに合った治療のご提案を行ないます。また的確かつ迅速な治療を施すため、治療前の診察・検査にも力を入れております。具体的には、皮膚の腫瘤及び、腫瘍、母斑等の切除術、外傷の縫合術・消毒、陥入爪の手術を中心に行なっています。具体的には下記の如くです。

  • ケガ、ヤケドの急性期処置。また、慢性期の自己処置を指導します。
  • 外来手術(皮膚・皮下腫瘍の切除。嵌入爪(巻き爪)の処置。
  • 他院で受けた手術痕のケア、褥創(床ずれ)処置の指導。

私は形成外科のトレーニングを受けております。
従って外傷をきれいに治すための特殊な被覆材、内服薬、外用薬、場合によっては手術によって傷の瘢痕を消すことは不可能ですが目立たなくする事は可能です。
またそれらのための手術室は2階に常備しています。
私は長年の顕微鏡手術で細かい手技に習熟しております。丁寧で確実な手術を心がけています。ぜひご相談下さい。

ページトップへ戻る

整形外科

頭痛がする、肩が痛い・上がらない、肘が痛い、腰が痛い、膝が痛い、足がしびれる、首が痛い、肩がこる、手がしびれる・こわばる、もものつけねが痛い、足が痛いなどの症状がありましたら、一度当院「整形外科」にご相談下さい。
救急外来に長年従事しておりますと脳・神経外科や一般外科以外に整形疾患も数多く見てきました。保存的治療からリハビリテーション
場合によっては手術治療など幅広く対応させて頂きます。

【変形性膝関節症】
加齢や過度の関節運動、あるいは体重の増加や外傷が原因です。
治療法は、運動療法、理学療法、薬物療法の3つになりますが、症状が進行すると手術的治療が必要となります。
関節腔内の注射療法としては人気のヒアルロン酸製剤があります。

【椎間板ヘルニア】
背骨(脊椎)は椎骨という骨が28(頚椎7個・胸椎12個・腰椎5個・仙椎4個位(人によって個人差あり))個連結してできています。その椎骨の間に柔らかい組織がクッションの役目であるのですが、それが椎間板です。椎間板ヘルニアは、椎間板の組織が外に飛び出してしまい、脊髄そのものや、そこから出る神経根また脊髄尾側から馬の尻尾のように分かれた神経 うまいこと命名したねえ 馬尾 を刺激して痛みやシビレを起こします。

頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニアは聞いたことあると思います。
胸椎椎間板ヘルニアはほとんどありません。何故って?胸椎は肋骨の起始部も兼ねています。なので強固に固定されているためにあまり動きません。
動かないので動的因子がなくヘルニアはおこりにくいのです。

◆頚椎椎間板ヘルニアの主な症状は、

  • 肩甲骨内側の痛み 後頚部痛に始まることが多いですねえ
  • 片手または両手の痺れ・動きにくさ・巧緻運動障害(不器用な気がしてきます)
  • 進行すると足の痺れ・痛み
  • 歩行障害
  • 膀胱直腸障害(失禁、失便)おしっこやうんこが洩れたり出なくなったり。

◆腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、

  • 足へのシビレ・痛み
  • 足を触ると、触られた感覚が鈍く感じる
  • 足に力が入らなくなる
  • 膀胱直腸障害 (失禁 失便)おしっこやうんこが洩れたり出なくなったり。
  • 歩行障害

などです。

これらには多種の治療法があります。安静でよくなる方から装具を必要とする場合(カラーなどムチ打ちでしてる方をごらんになるでしょう?)牽引でよくなる方もいます。
当院で施行できるPLDD(レーザー治療)も必要な方にはお勧めします。
最悪は手術をします。
これらの適切な選択が脊髄外科に長く携わってきた私の真骨頂でもあるわけです。
当院では、連携医療機関にMRIなどの精密検査を迅速に依頼することが可能です。お気軽にご相談下さい。

【骨密度検査・骨粗しょう症】
人間の骨は、年をとるにつれてもろくなっていきますが、骨密度が低くなり普通の生活をしていても困るほど骨が弱くなるのを骨粗しょう症といいます。
その診断には、正確な骨密度測定による早期発見がとても大切です。
当院ではX線撮影を用いて骨密度の測定を行います。検査時間も短く痛みを伴わないので気軽に検査を受けられます。
また、検査データは保存されますので、定期的な検査で正確な診断が行えます。
骨粗しょう症の予防・治療の目的は、ひとえに骨折の予防です。薬物療法により骨折のリスクを実質的に下げることができるようになりましたが、薬物療法だけでなく、食事療法・運動療法などを含め、骨を丈夫にする生活習慣を確立するとともに、転倒などを回避する生活環境を整えることが肝要です。気になったときはすぐご来院下さい。

ページトップへ戻る

リハビリテーション科

当院には2階に明るいリハビリ室を用意しました。
脊椎疾患・脳卒中後遺症・外傷後後遺症・幅広い疾患に柔軟に対応していきます。専任の理学療法士も常駐しております。
疾患により生じた移動・身の回りの動作・コミュニケーションなどの日常生活の支障に対して、失われた機能の回復をうながすとともに、残存能力を最大限に引きのばすための治療を行い、患者さんが家庭復帰や社会復帰ができるように援助しています。次のような症状を扱っております

  • 手足に麻痺や不自由がある
  • 歩くことができない
  • 食事、更衣、トイレ動作など身の回りの動作がうまくできない
  • 関節の痛み、変形、活動が制限されている
  • 筋力低下があり動きが悪くなった
  • 慢性的な腰痛のために日常生活に支障がある

当院で行う治療方法は、薬物療法、神経ブロック、運動療法、温熱・電気刺激などの物理療法、作業療法、装具療法などがあります。患者さんの症状にあわせて治療方法が異なりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

ページトップへ戻る

内科

近年、生活習慣病やメタボリック・シンドロームなど、普段の生活習慣の悪化による病気が増えつつあります。
当院ではこのような病気の治療に努めるとともに早期発見や習慣の改善、予防の面にも力を入れています。

  • 高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風等の生活習慣病
  • かぜ症候群、ぜんそく発作等の急性疾患
  • 健康診断等で異常を指摘された方。
  • めまい、貧血、頭痛、ぜんそくの予防、アレルギー疾患、骨粗しょう症など、

『なんとなく具合が悪いが、何科にかかれば良いかわからない』という時もお気軽にご相談下さい。

各種健康診断を行っております。

成人健診、人間ドック、貧血検査、血液型検査、ピロリ菌検査、メタボリックシンドローム検診、肝炎ウイルス検査、HIV(エイズ)検査、麻疹ウイルス検査など

私は長年、脳卒中に携わってまいりました。脳卒中は危険因子がどれくらいあるかで発症の可能性が変わってきます。即ち危険因子が多ければ多いほど発症しやすいのです。
危険因子とは高血圧 糖尿病 高脂血症 不整脈 肥満 喫煙 過度の飲酒 遺伝 等々です。
脳卒中に再発を予防する事はこれらの危険因子を少なくしうまくコントロールしていくことにほかなりません。

ページトップへ戻る

PLDD

椎間板ヘルニアの「日帰り手術」としてここ数年で注目を集めているレーザー治療(PLDD)です。
特徴としては下記4点です。

  • 日帰り手術
  • 傷口が殆ど残らない
  • 術後の痛みも殆ど無い
  • 筋肉を傷つけない

「腰椎」「頚椎」ともに可能です。

PLDDについて詳しく知りたい方はこちら >>

ページトップへ戻る

頭痛外来

慢性頭痛の中核をなす片頭痛は頭痛発作のみではありません。
頭痛がないときでも普段から慢性肩こりや頭重感、頸部の痛みと緊張感、口の中・舌や咽頭の痛み、顔・顎や目の奥の痛み、めまい・ふらつき、吐き気、一過性の視野や視力障害、閃輝暗点(光の点や線・ジグザグが出て見えにくくなる)、一過性に外界が真っ白になったり歪んだりする、手・足・顔などの一過性のしびれ感、頭や手足にさわるとピリピリする痛み、顔面の発汗、繰り返す腹痛と下痢、不眠症、うつ状態やパニック症状、動悸などでお悩みの方は是非ご来院下さい。

頭痛外来について詳しく知りたい方はこちら >>


 
ページトップへ戻る

禁煙外来

タバコは心臓や肺の病気の原因になるだけでなくご家族やお友達の健康まで害してしまいます。すでに病気にかかっている方はもちろん今はまだ健康と思われている方も早く禁煙した方がいいと思います。

でも「分かっているけど止められない」「止めなきゃいけないんだけど止められない」のがタバコです。実は私も数年前までは喫煙者でした。
自身の経験と何千という患者さんの禁煙をお手伝いした経験から申し上げると喫煙は習慣です。
朝とか食後、知らないうちに手がタバコに伸びて火を点けているでしょ?
止めるにはコツがいるんです。それを伝授します。

この方法はアルコールや悪い薬(捕まるヤツね)を止めるときによく精神科医が使う手なんです。それを伝授します。
TVじゃないけど「お医者さんといっしょに禁煙する時代です。」
そのためにはせっかく病院で止めるんだから薬の力を借りましょう。
最近喫煙習慣はニコチン依存症という病気で治りにくく再発もしやすいけれど根気よく治療すれば治るのだと考えられるようになってきました。この「病気」を治すために以前からニコチンガムやパッチが使われていましたが最近より効果のある飲み薬も使うことができるようになりました。

禁煙は1回で成功させる必要はありません。1回目より2回目の方が「1回目はどうして失敗したのか」「今度はどうしたら成功できるか」分かっているのではないでしょうか。
「今すぐタバコを止めたい」と思っていらっしゃる方は一度ご相談下さい。
当院においても駐車場を含め当院敷地内ではタバコをご遠慮頂きますようご協力をお願いします。
禁煙の習慣が出来ればしめたものです。たまに吸うのはいいんです。
私も実は禁煙したと言いながら外で友人と酒食の際などはたまに吸っちゃいます。
毎日吸わなきゃいいんです。一年に数回くらいはなんてことないです。
そのまままた逆戻りしたらダメですけどね。

標準的な禁煙治療のスケジュールでは、12週にわたり計5回の診察が行われます。

各診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。
一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めればこの値は低下するので、次回の測定が楽しみになることでしょう。

また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやすくなります。

ページトップへ戻る
PAGE TOP